HISTORY

沿革

昭和36年

株式会社上田商会のタイヤ部門を独立させ、日本ダンロップ護謨株式会社との共同出資による愛媛ダンロップタイヤ販売株式会社を松山市に設立

代表者に上田卯平氏が就任

昭和39年

住友ゴム工業株式会社全額出資の販売会社愛媛ダンロップタイヤ販売株式会社を松山に設立

初代代表者に山科圭輔氏が就任

昭和41年

香川県における代理店権を得て、北四国ダンロップ販売株式会社に商号変更

二代目代表者に林隆一氏が就任

昭和42年

昭和44年

徳島・高知県における代理店権を得て四国ダンロップ販売株式会社に商号変更

昭和45年

本社を松山市衣山町から六軒家町に移転

昭和46年

三代目代表者に高野常治氏が就任

昭和50年

四代目代表者に昌司照雄氏が就任

本社を松山市六軒家町から高松市郷東町に移転

昭和61年

五代目代表者に平田段郷氏が就任

本社社屋を建替え

平成10年

直営子会社株式会社タイヤランド大洲を設立
※平成16年株式会社ダンロップタイヤリテール四国に商号変更

平成11年

六代目代表者に清水義男氏が就任

平成16年

七代目代表者に高橋和敏氏が就任

平成17年

株式会社ファルケン四国と合併

商号を株式会者ダンロップファルケン四国に変更

平成21年

直営子会社株式会社ダンロップタイヤリテール四国吸収合併

平成22年

商号をダンロップタイヤ四国株式会社に変更

平成26年

創業50周年を迎える

平成30年

八代目代表者に西岡隆氏が就任

ダンロップタイヤ四国株式会社

〒761-8031

高松市郷東町西新開371-1

TEL:087-882-2729

FAX:087-882-8804

Copyright © DUNLOP TYRE SHIKOKU CO., Ltd. All rights reser